神戸日野自動車株式会社 採用特設サイト

Interview

バリエーションに富み、
お客様想いな
日野のトラックの魅力を
もっと伝えていきたい!

Tsubasa Tada多田 飛翔
営業部 営業三課 
2015年入社
写真

お客様の笑顔と感謝の言葉は
営業にとってのなによりの励み

営業としての私の仕事は、外回りが主。すでにお取引のあるお客様へは、定期的に訪問し、トラックの使い心地やお悩みを伺います。もちろん顧客開拓も行っていて、ルート内や新しく訪れる地域に新規の営業先となる方がいれば、こちらも訪問して日野のトラックをおすすめします。現在、私が担当しているお客様は100軒ほど。こうした方からのお悩みを吸い上げ、トラックの仕様を決定し見積もりへと落とし込んでいきます。

これまで一番嬉しかったのは、初めてトラックを納入した時のこと。先輩から引き継いだお客様で、ご要望に沿ってオプションを提案したのですがなかなか仕様が定まらない。先輩方の力を借りつつ、何度も変更を重ねながらやっと仕様が決まり、見積もりを作成してお客様にご納得いただけた時は「やったぞ!」と心の中で叫びました。営業として、お客様の笑顔と感謝の言葉ほど、嬉しいものはないとその時本当に思いました。

写真

厳しくも温かい先輩・上司に囲まれた
神戸日野自動車の営業課

父がもともと日野に勤めていたのですが、就職活動を始めるまでは自分が同じ道を歩むとは思っていませんでした。ただ、父の姿を見ていたことと、人と接することが好きな私の性格が結びついて、今の営業職の道へと繋がったのだと思います。現在の仕事には満足しています。お客様との交渉は厳しいこともありますが、それ以上に楽しさを感じています。なにより、経験豊かな先輩方や同僚がいるおかげで、仕事にも張り合いとやる気が出てきますね。

私が現在担当しているのは小型のトラックですが、あるとき大型のトラックをお客様から求められ、納品の直前でミスが発覚。真っ青になって上司に相談すると「自分でなんとかしてみろ」との答え。必死に勉強しながらも先輩方や上司に助けてもらい、なんとか部品のルート確保に成功し事なきを得ました。一見突き放すようでも、しっかり見守ってくれる厳しくも優しい先輩方に感謝するとともに、仕事の奥深さ、勉強の大切さにも気づくことができた経験です。

写真

営業に求められるのはなにより
成長していきたいという想い

営業というと、コミュニケーション能力が高くなければ務まらないように思われますが、実はそんなことはないんです。営業部には人見知りの人もいますから。本当に大切なのは成長したいという想い。これから当社を目指すみなさんも、ぜひ私たちと日野のトラックの良さを広めていきませんか?とはいえ私の営業としての実力はまだまだ。先輩方に助けてもらうことも多いので、早く上司が安心して仕事を任せられる人材になるため、私ももっと努力と勉強を続けていきたいですね。

Scheduleとある一日のスケジュール

9:00 出社

出社後すぐに、メールや見積もりの返答チェック。

写真
9:30 お客様廻り

スケジュールを立ててお客様の元へ訪問。

写真

13:00LUNCH

14:00 お客様廻り

午後もお客様の元へ。新規顧客も開拓します。

写真
16:00 帰社

一日の訪問数は15箇所ほど。夕方には帰社します。

写真
17:00 見積もり作成

メールや営業で依頼を受けた見積もりを作成。

写真
18:30 退社

早めに資料ができれば退社。
たまに残業することも。

エントリーする