神戸日野自動車株式会社 採用特設サイト

Interview

神戸日野自動車に入って
一度も
仕事がつらいと
感じたことはありません。

Maki Yoshioka吉岡 真紀
部品サービス部 部品企画課 
2009年入社
写真

トラックとは無縁で知識もなかった私、
今は仕事に大きなやりがいを感じています

部品サービス部の仕事は、お客様のお問い合わせの対応から納入される部品の受け入れ、各種会議資料の作成から、販売キャンペーンの企画まで多岐に渡ります。トラックに使われる多くの部品の中から、時期に合わせてどういった商品をプッシュしていくかを考えたり、工場、部品商様など立場の違うお客様のニーズを読み取り、対応していくのが私たちの務め。考えることも多く忙しい毎日ですが、それだけに自分自身の成長と充実を感じられます。

神戸日野自動車に入社を決めたきっかけは、会社説明で聞いた言葉。「─人が生活するためにはモノを運ぶ必要があり、そこにはトラックの存在が欠かせない─」。そう聞いた時に、トラックに関わる仕事が身近に感じられたんです。それまでは自動車に関する知識が全くなかったので、入社すぐは不安もありましたが、数多くの部品に触れる中で、どんどんと知識が身につくのを実感。奥深いトラックの知識を学べ、多くの人に接するこの仕事が大好きになりました。

写真

お客様にも社内の人材にも
積極的にコミュニケーションをとることが大切

やりがいを感じるのは、お客様のご要望に応えるために手を尽くしている時。お客様の相談に対して適切な部品の提案をするため、また希望納期に合わせて部品をお届けするために日々努力をしています。時には図面を片手に工場のスタッフに部品の仕様について話を聞きに行ったり、メーカーや販社と交渉して部品を集めるということもあるんです。こうした努力が実って、お客様に名前を覚えていただいたり、名指しでお問い合わせが来たりすると嬉しくなります。

また社内とのコミュニケーションも私たちの大事な仕事。今取り組んでいるのは、神戸日野の拠点の部品管理体制の改善と向上。抜き打ちで拠点に向かい在庫状況をチェックしたり、その結果をもとに担当者と話し合って、改善策を探っていきます。より多くのお客様のニーズに応えていくためには、単に部品を供給するだけでなく、そのバックボーンまでも見据え、工場の人材や技術スタッフと一体になった社内体制の強化が不可欠なんです。

写真

大切なのは、やる気と興味
神戸日野はその2つに
しっかり応えてくれる

これからの目標は部品に関する国家資格を取ること。資格を取る上で新たな知識が身につくことも多いですし、仕事の幅も増えますから。
神戸日野で仕事をする中で、私はつらいと思ったことが一度もありません。やる気があれば、応えてくれる人がいて、学んだだけ成長できる。これから当社を目指す方の中に、私のように「自動車の知識なんてない」という方がいたら、思い切って飛び込んでみてください。きっと、あなたもこの仕事が好きになるはずですよ。

Scheduleとある一日のスケジュール

9:00 出社

出社後すぐに部品の検品&保管を行います。

写真
10:00 受注・発注

メールやWebサイトで発注確認。
お客様の対応を開始します。

写真
10:00 会議資料作成

中間報告書など各種の会議資料をまとめるのも大切な仕事。

写真

12:00LUNCH

13:00 会議資料作成

上司のチェックを受けたら、
会議資料をまとめていきます。

写真
15:00 キャンペーン集計

打ち出したキャンペーンの結果を見るのも
楽しいもの。

写真
17:15 退社

納品書や請求書のチェックが終われば
今日の仕事は終了。

エントリーする