神戸日野自動車株式会社 採用特設サイト

Interview

見たことのない部品や
車両に出会うと興奮する。
これからも
整備を通して成長していきたい。

Kazuki Kitani木谷 一貴
神戸工場 整備課 
2014年入社
写真

スピードと正確さ
人の命を預かる責任を持って整備を

私は現在、トラックの車検整備を担当しています。業界トップのシェアを誇る日野のトラックだけに、毎日何台ものトラックが車検を受けるために、整備場に運ばれてきます。私のチームでも、多い時では1日に12〜3台の整備実施。かなりハードですが、仕事終わりの充実感は格別。また、自分たちが整備したトラックを送り出す時には、「また頑張ってこいよ」と心の中で声援を送っています。

多くのトラックを整備するにあたって、求められるのはスピード。
隣のレーンで整備を行っているチームより早く車検が終わらせられると、チームの連携と自分の技術が勝ったようで、ちょっと嬉しくなりますね。ただし、トラックはモノと共に人の命を乗せるものですから、スピード以上に正確で丁寧な仕事を行うことが本当は一番大事。人の命を預かる責任を持ってネジの一本まで徹底的に気を配り、整備後の検査員のチェックへと備えます。

写真

経験0から始めた整備の仕事
今はやる気と興味でいっぱいです

神戸日野自動車に入社した理由は、車が好きだったから。また、日野のトラックが業界シェアNo.1であったことにも魅力を感じました。ただし、私は車好きでしたが整備をしたことはなかったんです。
入社した時は「整備なんてできるのかな」と思っていましたが、半年の研修を受け、また先輩方の教えを受けて一変。まだまだ自信を持って、とはいきませんが仕事にやりがいと、もっと技術をあげたいという興味が湧いてきました。

トラックは日進月歩で進化していて、部品もどんどんと変わっていきます。
整備の中で、そんな見たことのない部品を見かけると興奮しますね。分解して構造を確認すると本当に勉強になります。他にも、今までにない故障をしているトラックを手がけた時や、先輩方の素早い整備の手さばきを見た時もやる気が出ます。昼食の時には、こうしたことを仲間と報告し合うことも多く、チームの仲間は皆整備が好きなんだな、といつも感じていますね。

写真

努力を重ねて、
より高い技術を身につけたい

まだまだ努力することも、磨くべき技術も多いので、これからの目標は早く先輩方に追いつくこと。会社の整備士資格も取得していくつもりです。いずれは日野のサービス技術コンクールへの出場や、ダカールラリーの整備士に、と夢見ていますが、まずは自分のできることを丁寧に進めていこうと思っています。最後に神戸日野自動車では、特に野球の部活動に力を入れています。車や整備が好きで、野球が好きという新入社員の皆さんをお待ちししています。

Scheduleとある一日のスケジュール

9:00 出社

出社後すぐに今日の整備台数を確認。

写真
9:30 整備

整備開始、午前中に1台は終わらせたい…

写真

12:00LUNCH

13:00 整備

引き続き整備の仕事。
仲間と協力しながら作業を進めます。

写真
写真
写真
18:00 退社

整備目標が達成できれば退社。
繁忙期は残業することも。

エントリーする